年金生活者支援給付金制度

我々の病気の患者の場合、障害年金を受給している場合が多い。

障害基礎年金を受給している場合、殆どの人は年金生活者支援給付金制度で月に2級で5000円、1級で6250円の給付が受けられます。

基本的には、こちらから請求手続きの必要がなく、国のチェックで該当していれば9月から順次郵送でのお知らせが届くはずです。それについている葉書に必要事項を記入すれば申請手続きになります。

制度は10月からです。支給開始は12月の年金支給日からです。

自分に郵便が届かない場合、給付対象なのか知りたい場合は、電話で問い合わせましょう。0570-05-4092です。

詳しくは厚生省のページを見て下さい ここです。

 

 

最近の様子(うえだ)2019-09-14

急にここ3か月くらいで、症状が進みました。体幹が無くなったという感じです。長く立っていることができません。これで、外出を控えたらなお、悪いので積極的に外に出るように心がけています。タクシーや友人の車を利用しています。今日も難病センターで行われたオカリナ教室の様子を見てきました。そしてレポートをしました。まだ手は動くので自走式の車椅子を使っています。

でも、手の痺れも進んでいるので、いつまでこの行動力が保てるかわかりません。出かけることがリハビリだと思っています。

2019.9.14 オカリナ教室の様子

毎月第2土曜日、10:00から12:00は齊藤先生の指導で、オカリナ教室を開いています。SCD・MSA友の会に閉じている訳でなく、難病を抱えた方ならだれでも参加できます。

今回は難病センターから上のようなお知らせをした、初日です。今日は、パーキンソンを抱えている女性の参加がありました。ご姉妹と娘さんとともに3人で参加されました。オカリナ教室と言っていますが、体の不自由な方ばかりで、色々な楽器があります。ハンドベル、鉄琴(チャイム)などもあります。歌うこともありです。要するに、難病の仲間で音楽を通して、交流することが目的です。籠りがちな難病の方が、積極的に外に出て、沈みがちな心を、外に向けて行動することで、心のリハビリが目的です。

今日は、我々のテーマソングである”キラキラ星”を皆で演奏しました。他にも数曲の演奏に挑戦しました。その、模様の写真や、動画をみてください。

ハンドベルを用意する齊藤先生

キラキラ星

 

キラキラ☆

参加者紹介(自己)

たき火

七つの子

バラが咲いた

今日はいかがでしたか?来月もおいでください。

北陸3県の難病団体集う

2019年8月31日(土)に金沢市に北陸3県のSCD・MSAの難病団体の代表が集まり、交流会を行った。

場所は、テルメ金沢です。

植村さんの旦那さんと下坂さん 福井組

石川の副会長兼事務局長 鉄腕廣瀬とCANNUSの中村さん

植村夫妻

一人焼肉風

集合写真 僕(上田)写っています

 

CANNUS事業を説明する中村さん

何かを覗いている・・・・

写真撮る前に、食欲が勝っちゃった

富山組

ボリュームがあり、食べきれない場合は上田まで

自己紹介

やめてよ

室内では帽子をとりましょう いえ!写真をとっています。

 

この日は、北陸3県から12名の患者会・家族会の人が集まり、ステーキ祭りを楽しんだ。一段落してから、介護事業を展開しているCANNUSから輪島の中村さんに事業内容や介護サービスについての説明を受けた。

要介護や要支援でなくても介護サービスがリーズナブルに受けられそうです。

このようなサービスがあれば、助かるなあと感じました。

CANNUSのページ

最後に石川の会長は、テルメのお風呂に・・・