サーバーが壊れそうです

このホームページのサーバーは10年以上昔の中古品で動いています。

ここ数日、レスポンスが悪く、そろそろ壊れるかな?と危惧しています。

今朝、(2020.03.27)非常にレスポンスが低下して、何度かリブートした。

fsckを試みたが、ファイルシステムがマウント中はできないみたいし、シングルモードでのブートの仕方が判らない。SolarisのUNIXの場合 Sオプションでシングルモードで立ち上がったような・・・

シングルモードでも/ルートファイルシステムはマウントされてしまうような気が・・・

/ルートファイルシステムのfsckはどうするのだろうか?

どっちにしろ、もうそろそろ、壊れてしまいそうです。

新たにサーバーを買い直すお金も、再構築する気力もないので、いまのままで運用し、壊れたときが、ホームページの終わりの時になりそうです。

 

 

2019.10.26一泊旅行(白峰 望岳苑)

2019年10月26日 今年の一泊旅行は 白峰の望岳苑

山菜中心の料理でした。

お客は我々だけで、貸切でした

関西から参加の二人です 水野さんと?

温泉ではなく、部屋にありましたが、一人で入れなさそうだったので、パスしました

朝食風景です

健康的なお泊りでした。

宿の前での記念撮影

この人たちで、ホワイトロードに行ったようです

僕たちは既に家路についていました。ちょっと遠かったですね。この日は雨の金沢で金沢マラソンがありました。

65歳から年金の選択ができます

 

国から貰う年金の種類には4つあり(老齢基礎年金、障害基礎年金、老齢厚生年金、障害厚生年金)基礎年金と厚生年金を一つづつ選択ができます。

老齢基礎年金 老齢厚生年金
障害基礎年金 障害厚生年金

選択の種類は4パターンあります。

3級の場合、基礎年金の支給はありません。

2級の場合、加入期間が1月でもあれば、基礎年金は満額支給されます。

障害年金を貰いながら、仕事をして厚生年金加入期間が増えても、障害厚生年金は増えません。

障害年金等級の3級以上が認められた、裁定請求時点が厚生年金加入期間になります。

障害厚生年金が認められた以降にも働き続け、厚生年金加入期間が延びても反映されません。

そのため、障害厚生年金と老齢厚生年金で年間20万以上の差があり、障害厚生年金が所得税非課税であるが、税金を払っても、老齢厚生年金を選択している。

3級でも、特別経過措置として生まれた年によって、60歳から64歳の間で基礎年金が支給されます。

僕の場合61歳から老齢基礎年金(障害基礎年金ではない)が特別支給されました。

その間は、障害年金はストップして、普通の年金を貰いました。

63歳の時額改定で2級になったので障害基礎年金に切り替えました。