10/29 友の会15周年記念医療講演会

令和4年10月29日、県の難病支援センター(リハビテーションセンター)でいしかわSCD・MSA友の会の15周年を記念して医療講演会を実施しました。

まだ、コロナが収束したとは言えない中、しかし、規制緩和されています。

そのため、集合形式とオンライン形式のハイブリットの形式で行いました。

現地への集合は30名、オンラインでは80名以上の参加がありました。

講師は京都大学iPS細胞研究室の井上治久先生を迎え、「患者さんから始まる神経変性疾患の研究」というタイトルで今注目されている、iPS細胞での神経変性疾患研究の最新の状況をお話をいただきました。

お話を頂き、不治の病の脊髄小脳変性症や多系統萎縮症が治せる病になる日が必ず来るという確信が持てました。

私の世代は無理でも、子や孫の世代にはきっとその日が来ることを信じて先生たちの研究の成果を待ちたいと思います。

今回の講演の後のQ&Aでは東大の辻先生や京大の高橋先生も出席いただき、お話いただき、元気を頂きました。

高校生や看護学生からも活発な質問や意見が交わされ、iPS細胞の研究が高校生や大学生にも注目されている分野であることを実感しました。

研究の成果は地道な作業の積み上げが必要ですが、成果を期待する患者も、その日が来ることを信じて、待ちたいと思います。

夕方のNHKニュース

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です