第4回リモート会議&おしゃべり

5月23日(土)の3時から、4回目のグループLINEによるビデオ会議&おしゃべりの会をしました。

今回の最大のテーマは本来4月18日に予定し6月6日に延期していた友の会の総会をコロナ騒動の状況を鑑み、どうするかの最終判断することでした。

今回は、原会長の出席され、全国の状況や、富山の総会も中止になり、我、いしかわSCD・MSA友の会の総会も中止した方が良いと意見をいただいたこと、緊急事態宣言は解除されたが、それはコロナが終息したわけではないので、ちょっとの気のゆるみが第2波、第3波を呼び込みかねないことから、極力集合することは避けることとします。

今後、世界はこのウイルスとうまく付き合っていくか、ワクチンが開発されるまで、これまでのような生活には戻れないと考えます。

ということで、今年度の総会は集合して実施することは止めます

作成した資料は会員の皆様に郵送で提案させて頂き、承認を得る形とします。

また、資料はこのホームページを通して参照できるようにします。

生活スタイルの変化で、疫病と付き合っての生活が必要です。

リモートワークや、リモート会議で済ませることも、不自由さもさほどないことがわかった。

友の会活動もこれらの生活スタイルを取り入れると共に、より一層の活動により、我々の難病が克服される日を信じて、また会員の皆様の交流の場として精力的に活動してゆきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です