2021.04.10 音楽療法とお花のプログラム

2021年度の最初のイベントは4月10日に集合+リモートにより難病支援センターでお花と音楽療法を行いました。

音楽療法の講師は双葉・Sさんにお願いをしました。

始めに、缶を使って1輪ざしを作りました。

世話は副会長の娘さん、わかなちゃんが用意してくれた、庭に咲いていたお花やお店で購入した色とりどりのかわいいお花を空き缶に生け、缶の周りはラミネート加工をした紙を巻いて、装飾しました。

お花タイムの後、双葉講師による音楽療法

音楽に合わせてトーンチャイムを自分のパートで振ります。

優しい音色で、ハーモニーを奏でたり、腕を上に上げる体操などは、リハビリになったでしょうか?

久しぶりにお顔を見た人もおり、早くコロナが収まって、以前のような友の会の行事で、バス旅行や会食、一泊旅行等が出来る日がやってくる日が待ち遠しいです。

今回は、お試しでしたが、来月以降も続けることになりました。

毎月第2土曜日にします。

都合がつく方は振るってご参加ください。

 

“2021.04.10 音楽療法とお花のプログラム” への2件の返信

  1. 多系統萎縮症の母が、この度、参加しました。先生やお手伝いしてくださるサポートがあり、大変、有意義な時間を過ごすことができました。トーンチャイムの楽器、初めて触りました。とても母も、癒されたと話しておりました。男性、女性、半々の参加者の方々でした。綺麗な音楽を聴くことは、患者だけでなく、家族も、癒されました。音楽セラピーをしながら、ストレッチも、良かったです。また来月いけたらいいなと思いました。みなさんも、ぜひ参加してみてください。毎回、会費制ですので、続けなくちゃという負担もありません。たまには、外の社会にも触れて、心を癒やしてください。M.R

  2. M・Rさん
    「なごり雪」の演奏中の掛け声ありがとうございました。感じることを表現することが困難な時、楽器がその思いを拡大してくれるときもありますよね。
    トーンチャイムの音がお好きだったら、音が出るように工夫をしてみますね。M・Rさんの反応の早さで、またご家族のお気持ちをお伝えください。お願いいたします。
    5月にお会いできますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です