秋の一泊旅行の計画

2019年の一泊旅行をどうしようか、検討する時期がきている。
歩行が不自由なひとばかりなので、泊まる施設(旅館やホテル)の段差やお風呂が最重要課題です。
世の中にはまだまだ、バリアフリーで、障害者のことを考慮した施設は少ない。
会の役員が検討している案はこれです。
日にちは10月26日~27日(土、日)の予定です。

白山眺望と白山麓料理の宿 望岳苑 (白山)

鶴来の白峰にある宿です。ここに決定しました!

霊峰白山のふもと白峰にあり、美しい自然を館内の至るところからご覧になれます。館内からは白山の凛とした雄姿やブナの原生林をご覧いただけるほか、地元の食材にこだわった料理に日常を忘れ、贅沢な時間が過ごせる隠れ家のようなお宿。
料理は、白山の恵みである山菜を中心に、川魚、キノコなど、地元食材を使った滋味あふれる品を楽しめます。
窓の向こうにブナの原生林が広がり、天候に恵まれれば、白山連峰が望めます(全7室)。

所在地:白山市白峰6号101駐車場有 駐車場:10台

TEL 076-259-2730

障害者の施設ではありませんから、移動には苦労するでしょう。
殆どの人には、お風呂も無理でしょう。
料理の写真を見ると。川魚と山菜中心のようです。
肉系はないそうです。
白山麓だから、クマや猪は獲れないのかな。
硬くて、歯が立たないかも。
イワナの骨酒があればいいな。
料金は¥13000にしてくれるそうですが、自治体からの温泉療養券は使えないです。
次の日に、白峰温泉の総湯に入れる人は、どうぞ。
意見がありましたら、コメントください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です