障害年金とは いくら貰えるの

日本年金機構のサイトに障害年金についてこのような説明が書かれています。
ただ、お役所的文章のため、わかりにくこともあります。
ここを、とっかかりにして、具体的にわかりやすくしていきたいと思います。

障害年金は、病気やケガによって生活や仕事などが制限されるようになった場合に、現役世代の方も含めて受け取ることができる年金です。

働いていたら受給できないという訳ではありません。

障害年金には「障害基礎年金」「障害厚生年金」があり、病気やケガで初めて医師の診療を受けたときに国民年金に加入していた場合は「障害基礎年金」、厚生年金に加入していた場合は「障害厚生年金」が請求できます。
なお、障害厚生年金に該当する状態よりも軽い障害が残ったときは、障害手当金(一時金)を受け取ることができる制度があります。
また、障害年金を受け取るには、年金の納付状況などの条件が設けられています。

障害基礎年金

国民年金に加入している間、または20歳前(年金制度に加入していない期間)、もしくは60歳以上65歳未満(年金制度に加入していない期間で日本に住んでいる間)に、初診日(障害の原因となった病気やケガについて、初めて医師または歯科医師の診療を受けた日)のある病気やケガで、法令により定められた障害等級表(1級・2級)による障害の状態にあるときは障害基礎年金が支給されます

障害基礎年金を受けるためには、初診日の前日において、次のいずれかの要件を満たしていること(保険料納付要件)が必要です。ただし、20歳前の年金制度に加入していない期間に初診日がある場合は、納付要件はありません。
(1)初診日のある月の前々月までの公的年金の加入期間の2/3以上の期間について、保険料が納付または免除されていること
(2)初診日において65歳未満であり、初診日のある月の前々月までの1年間に保険料の未納がないこと

年金加入期間に関わらず、満額支給(令和元年時点 年額780,096円

障害厚生年金

厚生年金に加入している間に初診日のある病気やケガで障害基礎年金の1級または2級に該当する障害の状態になったときは、障害基礎年金に上乗せして障害厚生年金が支給されます。
また、障害の状態が2級に該当しない軽い程度の障害のときは3級の障害厚生年金が支給されます。

障害の程度が3級の場合、障害厚生年金のみ受給でき、障害基礎年金は支給されない
なお、初診日から5年以内に病気やケガが治り、障害厚生年金を受けるよりも軽い障害が残ったときには障害手当金(一時金)が支給されます。

厚生年金の報酬比例分は年金加入期間が300か月に満たない場合はみなし300か月で計算される。

※障害厚生年金・障害手当金を受けるためには、障害基礎年金の保険料納付要件を満たしていることが必要です。

障害年金には障害基礎年金と障害厚生年金がある。
頭に「障害」付きますが、一般の年金と同じですね。
たた、一般の年金の受給は65歳からが一般的です。

障害年金は認定されたときから、何歳であっても、受給要件をみたしていれば支給されます。

申請は65歳までというのは、65歳からは国民年金または、厚生年金が支給されるからです。

年金支給開始時期が、延長されればこの申請要件も変更されると思われます。
なぜ、一般的という言葉を使ったのかというと、もっと早く受給したり、もっと遅く受給することも出来るから、一般的と表現しました。