65歳までの障害年金と65歳以降の年金の選択

一般の人はの年金支給は65歳からですが、障害年金は何歳であっても、65歳までであれば、若くても支給されます。
ですから、65歳までは年金の選択はありません。
支給されるとすれば、障害年金しかありません。
しかし、65歳を過ぎれば、国民年金や厚生年金の受給資格ができますから、年金の選択と言うことが出来ます。
障害年金は障害年金等級決定日までが計算範囲になります。
国民年金の場合、加入期間に関係なく、満額支給されますが、障害厚生年金は障害認定された時期までが障害厚生年金の計算期間になります。
障害年金を受給しながら働き続けた場合、仕事を退職するまで、年金を納め続けるので厚生年金を納めた期間が長くなります。
ですから障害年金での計算期間 < 厚生年金での計算期間ということになり、計算すると厚生年金を受給したほうが、受給額が多くなります。
ただし、国民年金や厚生年金は課税されますが障害基礎年金や厚生年金障害年金は非課税になります。
この課税、非課税の計算により得な年金を選択することができるようになります。
私の場合、会社勤めをしていたので、厚生年金になりますが、基礎年金部分(国民年金部分)と報酬比例分という2階部分があります。
基礎年金部分は加入期間に関わらず、支給額がかわりませんが、報酬比例部分は、税金面と支給額の計算により、得な方を選択することができます。
これは、確定申告での計算や、住民税の計算にも影響しますので、障害年金が必ずしも、得とはかぎりません。
厚生年金に加入していた場合を考えます。

A(課税) B(非課税)
(1)厚生基礎年金 (1)障害基礎年金
(2)厚生年金(報酬比例部分) (2)障害(報酬比例)

A,Bから一つを選択します
一人、1年金の原則がありますので両方受給はできません。
非課税の方が良さそうですが、厚生年金を定年まで40年掛けた場合で、障害年金の認定されたのが、厚生年金を掛け初めて30年だったとしたら、比例報酬額が、単純に割り出すと3/4ということになり、Bの比例報酬部分が税金が掛かるAの報酬比例分が多くなることがあるので、B(2)よりA(2)が多く支給されるので、B(1)とA(2)を選択したほうが良くなります。
どちらが、得かは、年金事務所か、社労士さんが応対してくれる、地域の街角年金センターに相談すれば詳しく教えてくれます。
ちなみに、僕の場合、街角年金センターで相談しました。
国の年金事務所は、お役所仕事で、取り扱いが邪険だったので、もう2度と行きたくはありません。