会則

いしかわSCD.MSA友の会 会則

(名称)

  • 本会は、「いしかわMSA友の会」と称する。

 

(事務所)

  • 本会は、事務所を事務局長宅に置く。

 

(目的)

  • 本会の目的は次のとおりとする。
  • 脊髄小脳変性症及び多系統萎縮症(以下「脊髄小脳変性症等」と称する)患者・家族相互の交流と親睦を図る。
  • 脊髄小脳変性症等に対する社会の認識を深める。
  • 脊髄小脳変性症等の症状の認識と治療に対する知識を深め、日頃の生活に反映させ、より良い情報を提供する。

 

(会員)

  • 本会の会員は次の者とする。

1.正会員   本会の目的に賛同する脊髄小脳変性症等及び家族。

2.賛助会員  1項以外の者で本会の目的に賛同する者

 

(会員資格喪失)

  • 次の項目に該当する会員はその資格を失う。
  • 会の運営及び会員に著しい迷惑や損失をかけたとき。
  • 自ら退会を申し出たとき。
  • 死亡したとき。

 

(機関)

  • 本会の運営のために次の機関を置く。

総会     毎年5月に開催する。正会員の過半数以上により成立する。

(委任状を含む)

但し、「やむをえず実施出来ない状況が発生したときは実施可能と判断

できるまで、延期することが出来る。

臨時総会   必要があるときは会長が招集する。

幹事会    幹事会は全役員で構成し、必要があるとき会長が招集する。

 

(役員)

  • 本会の役員は次のとおりとする。
  • 会長1名 副会長若干名 事務局長1名 会計1名 会計監査1名
  • 以上の役員で幹事会を構成する。
  • 役員は正会員の中より幹事会で互選により選出し、総会で承認を得る。
  • 役員の任期は2年とし、再任は妨げない。

 

 

(役員の職務)

第8条  役員の職務は次のとおりとする。

  • 会長は本会を代表して一切の会務を統括する。
  • 副会長は会長を補佐し、必要な場合は会長の職務を代行する。
  • 事務局長は本会の運営に必要な事務全般を統括する。
  • 会計は会の財政を担当する。
  • 会計監査は資金の状況ならびに会計の監査に当たる。
  • 幹事は会の業務を分担して、その運営に当たる。

 

(会費)

第9条  会費は年間2,000円とする。但し、会費は理由の如可を問わず返還しない。

 

(事業年度)

第10条 本会の事業年度は毎年4月1日に始まり翌年3月31日までとする。

 

(守秘義務)

第11条 会員は会の活動で知り得た個人情報を本人に無断で漏らしてはならない。

 

(付則)

この会則は平成19年4月1日から施行する。

この会則は平成20 年5 月10 日から施行する。

この会則は令和2年6月6日から施行する。