オカリナ教室

2019.9.14 オカリナ教室の様子

万陽苑での演奏会

朱鷺の苑での慰問コンサート

指導の、齋藤先生から

オカリナを通して

オカリナ教室の紹介
最初は森さんという会員の方がヨガ教室をしてました。そこに参加していたのですが森さんの都合で教室は終わりました。
その後、原会長がオカリナを始め、難病センターに先生がボランティアとして来てくれるという事でオカリナ教室が始まりました。
最初は皆初心者だったので音を出すところからでした。
SCDの会だけでは少ないので難病の方なら参加出来るようにしました。
難病センターのセルフマネジメントでの見学会も開催されたりとメンバーを募りましたがいつも5.6人での練習でした。オカリナを弾くのが難しくなったら音つみきとかハンドベルなど各自出来るものを楽しくやりましょう!ということで続けています。是非、気軽にお越しください。

この教室は第二土曜日に県の難病支援リハビリセンターの4Fで行っています。

講師の齊藤先生の指導のもと、リハビリの一貫と、会員の親睦を兼ねて、?年前から続いています。

オカリナ教室の感想を聞きました。

 

坂本さんの感想
最初は初心者でしたが先生も優しく見守っていただき今では「エーデルワイス」や「北の国から」などの楽曲が弾けるようになりました。スゴいことです。
途中参加される方は病気の事もあって元気ない感じですが体験していくうち楽しくて元気になっていく様子を見て良かったなぁと思います。沢山の方がメンバーになってくれるといいなぁと思います。私もみんなが楽しくしているのを見て元気をもらっています。
オカリナは指の動きをする運動と頭を活性するのにとてもよいと思いますし心も癒されます。
これからも出来る限り続けていきたいです。

 

坂井さんの感想
『私は県難病センターの「音楽を楽しもう」という企画で参加し、初めてオカリナに出会いました。優しい先生と仲間達の指導を受けゆっくりしたペースで、練習とおしゃべりを楽しんでいます。
オカリナ教室は難病の方の集まりでもあり、オカリナ以外にもハンドベル等他の楽器での参加でき皆で音楽しみたいという感じがいいです。私にとってリハビリでもあり音楽を楽しむよい場となってますよ(!)』

 

池島さんの感想
オカリナを吹いていて最近気付いたことがあります。それは、吹いているとそのうちだんだんと背筋が伸びてくることです。健康にもいいのかな!という感じです。それでつい吹くのに力が入ってしまい、楽しめるような音を出せるようになるのが今の課題です。

 

濱田さんから
オカリナ教室は、難病センターからのお知らせで知りました。
家から難病センターまで遠いので行くか悩みましたが、今は習って良かったと思っています。
始めは、皆から遅れないようにと家で練習して、きれいな音が出たときは嬉しかったです。
ボランティアで済生会病院やときわ苑へ行き日頃の練習の成果を披露して喜んでもらいました。
でも、今は自動車の運転を止めたためため残念ですがオカリナ教室には行けなくなりました。
約4年間オカリナを習いましたが「、病気になって何もできないと気持ちが沈んで私にを貰いました。
また、家の近くで楽しく出来る楽しく出来ることがないか探してみようと思っています。

 

5月25日 上荒屋クリニック「ひだまり」

6月22日 朱鷺の苑

7月13日  万葉苑

にて発表会を行います。

追って、時間などはお知らせします。

 

オカリナ教室で指導

 

「ひだまり」にて