障害年金

身体や精神に障害が発生して働けなくなったり、充分な収入が得られなくなったら困りますね。
障害発生時に、医療保険に加入していた場合、障害年金を請求することができます。
ただ、その請求が認定されるには、相当ハードルが高いです。
特に、その処理を自分ですることは大変です。必要な書類を用意することが大変です。
難しいことも多々ありますが、生きてゆくにはやらなくてはなりません。
普通の年金制度では、保険への加入期間により支給される年金額に差がでますが、障害年金の場合、最低保証があります。
それらの細かなことを押さえ、生きてゆく上で必要な収入を少しでも確保してゆきましょう。
これから、自分の障害年金受給を例にしながら、勉強してゆきましょう。
私は、専門家ではありませんから、また思いつくままに、書いてゆきますから、理路整然とした文章は書けません。
間違ったことを書くかもしれません。
そして、難病になってしまった自分の発症は50歳前後でしたが、人によって様々ですから、画一的な正解はありませんが、不幸にして働くことができなくなったり、満足に働けなくなった時の参考になれば幸いです。